予算内に収まるのかチェック

塗料ごとの違いを見よう

アクリル系の塗料を使った場合は、30万円前後が掛かります。
安いという部分がアクリル系塗料の特徴です。
費用を気にしている人は、アクリル系を選択してください。
最も主流な塗料だとも言われています。
ですからどこの業者でも、アクリル系を用意しているでしょう。
耐久年数は、大体5年だと言われています。
他の塗料に比べて、年数が短いので定期的に修繕を繰り返さなければいけません。

シリコン系塗料は、40万円ぐらいが相場です。
アクリル系をと比べると、高いと感じるかもしれませんね。
ですが耐久年数が10年から15年と、かなり長いことが特徴です。
定期的に修繕しなくても良いので、何度も依頼するのが面倒な人はシリコン系塗料を選択してください。

依頼する目安を調べよう

具体的に、屋根がどのような状態になったら手修繕を任せれば良いのでしょうか。
屋根を見て、白い粉が発生していたらタイミングだと思ってください。
雨や風によって、屋根が老化していると白い粉が発生すると言われています。
カビが発生していることもあるので、確認できたら修繕を依頼してください。
特に雨に打たれたり、潮風にさらされたりするとカビが生えやすいです。

そのような特徴を持っている地域で暮らしている人は、用心して屋根をチェックしてください。
もっと悪化すると、屋根がヒビ割れを起こすことがあります。
放っておくとヒビ割れの範囲が広がったり、雨が侵入してきたりする可能性があります。
ヒビ割れが見つかったら、すぐ依頼してください。


この記事をシェアする