玄関ドアも老化する

防犯意識を高めよう

ドアが老化すると、カギが壊れやすくなります。
壊れかているカギでは、簡単に突破されます。
不審者が侵入してくるかもしれないので、新しいドアに変えてください。
防犯意識を高めるために、オートロックのカギを付けるのが良い方法です。
また、カギを増やすのもおすすめです。
ドアを修繕する時に、防犯になる機能をもっと増やせます。

業者に、どのような機能があれば安全なのか聞いてください。
これまでの住宅のインターホンに、カメラが付いていなかったら搭載した方が良いです。
カメラがあれば、誰が来たのかすぐに分かります。
録画機能が備わっていると、もっと安心できますね。
万が一不審者だったばあいは、録画した映像を警察に見せてください。

綺麗なドアでお客さんを迎えよう

玄関はお客さんが来た時に、1番最初に見られる部分です。
汚いと、住宅全体が汚いというイメージを与えるので、いつでも綺麗にしましょう。
劣化したドアは、掃除しても汚れを落とせません。
修繕して、買い替えましょう。
住宅に合うドアを選択してください。
壁の色とドアの色が合うのか、確認しなければいけません。

ドアを単体で見るとかっこいいかもしれませんが、実際に自宅に取り付けてみると、壁の色と合わなくて変に見える可能性があります。
黒や茶色だったら、どのような壁の色にも合います。
住宅が建設されてから、10年ぐらいが経過すれば、ドアを修繕した方が良いと言われます。
ですがそれより前に劣化が目立ったら、その時点で業者に相談しましょう。


この記事をシェアする